私どもシンフォニクスはあらゆる映像コンテンツを生み出すプロダクションです。 このブログは、そんな私どもの日常を綴って参ります。

2018年を振り返って

2018 - 12/31 [Mon] - 18:11

あと数時間で2018年も幕を閉じ、新しい年の幕開けとなります。
京都の清水寺の「ことしの漢字」は「災」でありましたが、弊社では大きな災いや収録事故はなかったものの、振り返ってみると色々なことがあった一年でした。
行きよりも帰りに大雪に見舞われた秋田での1月のアンサンブルコンテスト。
業界の大先輩との別れ。
撮影会場にたどり着けたことが奇跡と言ってもいいくらいの大荒れの中を移動し、本気で撮影に挑んだ秋田県民会館のさよならコンサート。
数えはじめるとキリのないくらい、大変なことの多い年でしたが、それ以上に楽しいことの連続でもありました。
正直のところ、忙しすぎて気がつけ年末になってしまっていたというのが実感です。
ことしは、弊社としては多くの市販タイトルに携わらせていただきました。
フェリスフラウエンコーア「赤い靴」
ファースト コンサート ~感謝~ 丘みどり
丘みどり リサイタル 2018 ~演魅~
このほかにも、たくさんの作品に技術協力をさせていただきました。
また、例年以上に郷里の秋田に関わるお仕事をたくさんさせていただきました。
5月で閉館してしまいました、秋田県民会館の吹奏楽によるさよならコンサートという位置づけの「県民会館よ永遠に!コンサート。
大いなる秋田の初演から50年を記念した秋田県立体育館で行われた「3,000人の大いなる秋田特別公演」。
3回目となる「大いなる秋田東京公演」@文京シビックホール。
創業以来最も多忙だったと言っても過言ではないこの一年を、スタッフをはじめ、たくさんの方々の協力、励まし、叱咤激励があって、すべての現場を無事に乗り切ることができました。
ことしの弊社のシステムの稼働日数は延べ147日でした。
来年は、よりよいクオリティの映像を安定してご提供すべく、社内体制を含め、色々と見直し、より多くの方にお喜びいただける会社目指して参りたいと思っております。
末筆ではありますが、皆様のご健康とご健勝をお祈りし、年末のご挨拶とさせていただきます。
平成30年12月31日
シンフォニクス株式会社
代表取締役 佐藤政幸

業界っぽく2

2018 - 12/07 [Fri] - 10:47

あー、11月に更新二回しようと思っていたのに…。
目の前の業務に追われて、皆さんへの情報提供が滞っております。
申し訳ございませんm(_ _)m

では、前回に引き続き、業界用語?
先日、新人CA(キャビンアテンダントではないですよ!)さんに、「ごめんなさい、明後日バラしで!」と伝えたら、「バラしってなんですか?と質問が来ました。
そうですよね、この業界初めてですもんね…。

バラし
(撮影があったのに、なくなること。このほか、片付け。設営したものを片付けたり、いつものスタイルに戻すこと。)

しずる感
(ラーメンの麺にスープがすごく絡まっている感じとか、肉汁滴る感じを表す時に言います)

ケーブルの巻き方にも色々ありまして…
てはち
じはち
と2種類ございます。文章では説明しにくいので、これは割愛。

押しています。巻きで!
↑逆に伸ばすことはなんていうんだ?
(収録スケジュールより、遅れて進行しています。割愛できるところは、割愛してなるべく早く進行しましょう。という感じですかね)

完徹
(完全撤収。○○時完徹!→その時間までに完全撤収する)

前ピン、奥ピン(後ろピンとは、あまり言わない?!)
(ピントが前にあっている、後ろにあっている。)

とんでる↔︎アンダー
(カメラの絞りが適正値ではないので、絞りが開きすぎているのを「とんでいる」、絞りすぎているのを「アンダー」と言います)

黒が浮いている
これは、黒が黒色ではないこと。
これも言葉で表現するのは難しいのですが…真っ黒が真っ黒でないこと。少し、グレーっぽく?なることを言います。
最近、有機EL 4k対応テレビがでて、4k放送も始まりましたね!
まぁ、有機ELの黒が綺麗なこと!!来年の個人的目標は、有機ELゲットですかね。

来年の目標なんぞ、立ててしまいましたが、今年の目標は、あともう一回、ブログを更新すること!です。
そして、来年は有機ELテレビはもちろん、もう少しブログを更新することを目標にします!(書きたいネタはあるのですが、なんせ、ブログのネタの下調べと資料作りに時間がかかる…苦笑)

では、また!!
ハヤノミ☆

歌詞を知りましょう2

2017 - 05/29 [Mon] - 15:51

こんにちは。ハヤノミ☆です。

さて、前回のブログに続き、今回も童謡のお話です。
5月の歌は「めだかの学校」でした。
http://www.smile-chorus.com/program/


歌碑はなんとハヤノミ☆の生まれ故郷の神奈川県小田原市。
小田原市荻窪が舞台になったことは知っておりましたが、歌碑があることは知りませんでした。
ということでロケ行ってきましたよ!

※ロケ・・・脚本などを元に撮影場所などの撮影をすること
(実写の映像を入れることにより当時のイメージや作曲者・作詞者の生い立ちがわかりやすくなりますよね。)



神奈川県小田原市荻窪にある「めだかの学校」
こんな看板も立っていますが、住宅の横に流れている小川のところにあります。
(看板越しに見える「入居者募集」が気になりますが・・・笑)
image1_2017052116030990d.jpg

趣のある水車小屋が道路沿いにありまして、その横に小さな小川が流れていました。
image5_201705211609240c7.jpg

image2_2017052116031090a.jpg

水車を左手に見て小川をたどっていくと、歌碑があります。
image3_20170521160312ac5.jpg
ここだけの話、2番までしか撮影しなかったのですが、どうやら3番まで歌碑はあったようで、、、
事前の予習は必要ですね苦笑


「めだかの学校」ということで、めだかをさがしましたよ。
最初は見つからず、あきらめていたのですが、小川を「じー」っと見て、待ちました。

・・・あきらめた頃、
(小声で)「あっ!いたー!!」
子どもの頃に返った気分になりました。

だって、大きな声を出すと逃げるでしょ?笑
はい、お急ぎの方は、10分28秒まで飛ばして、めだかの様子を見てください。
(これ、めだかですよね?←今さら?!)
http://www.smile-chorus.com/program/


こんな小川でした。
image4_201705211603132cc.jpg

ロケは限られた時間の中で何を撮るか?が勝負ですね。
めだかに何日も費やせませんし、冬にメダカは泳いでおりません。
世の中のロケの皆様、ご苦労様ですm(_ _)m
今回は偶然?でしたが、メダカさんが泳いでいて良かったです。


さてさて、こちらの歌詞も実は時代を表す歌詞があります。

「だれが せいとか せんせいか」

「めだかの学校」の詞は、茶木滋により昭和25年に作詞されました。
終戦後の民主主義(みんな平等ですよ)を表しているようですね。
ただし「生徒」と「先生」という言葉を使って、年上の人を尊重することが、うかがえると勝手に解釈してみました。


ハヤノミ☆でした。

歌詞を知りましょう

2017 - 05/21 [Sun] - 15:50

こんにちは。ハヤノミ☆です。
なんと、今年のブログ、壁紙以外、一度も更新していないという。。。
ごめんなさい。スタッフ全員、元気に活動しております!

さて、久しぶりのブログ更新ですので、少し真面目な話を。
最近、童謡を歌う団体様の撮影をさせていただきました。

その際に、なるほどなぁと思ったり、是非皆さんに知っていただきたくブログを書くことにしました。


皆さんは童謡と言ったら何を思い浮かべますか?
私の中で一番身近だったのは、夏に17時になると近くの支所から流れた「夕焼け小焼け」ですかね。

このほか「赤とんぼ」など。
実は、「赤とんぼ」ですが、今の時代に合わない歌詞があるということで、3番の歌詞は現在、歌われていないそうです。


もうお解りの方もいると思いますが、「十五で姐やは嫁に行き・・・」というのが今の法律では通用しないということから歌われなくなったそうですよ。(現在は男18歳女16歳ですからね。)
そんな理由だけで?!と私は思ってしまうのですが。


では、「赤とんぼ」の作詞者の三木露風について少し調べてみました。

1889年(明治22年)生まれ。この時代は、結婚が何歳から。という法律はなかったそうです。
時代背景ですよね。とはいえ、この時代でも、15で結婚出来たとは言え、15で嫁に行く人は少なかったとか。

ただですね、調べていて知ったことですが、
(事実か分かりませんが)三木露風の母は、15歳で結婚したという話があり、三木露風にとって「15歳で結婚」は、なにか自分の中で大きな印象だったに違いありません。


さて、歌詞などの意味を調べるきっかけになったのがこちらのサイトです。
http://www.smile-chorus.com/program/
【スマイル合唱団の今月の歌】
歌詞をとてもわかりやすく解説しております。また、どんな時代背景だったのか?など、とても興味深い話です。

ぜひ、歌の意味を知って口ずさんでくださいね。
意味を知って是非歌ってくださいね。


ハヤノミ☆でしたっ。

2016年を振り返って

2016 - 12/31 [Sat] - 12:10

あと数時間で2016年も幕を閉じ、新たなる年の幕開けとなります。


今年は、たくさんの方々に助けていただいた1年でした。
また、新しい出会いもたくさんあり、さらには、色々な方面で、かつてお世話になった方とのお仕事をさせていただく機会も多々ありました。
郷里の秋田に関わるお仕事もたくさんいただくことができました。

また、業界を目指す若い方々との出会いもたくさんありました。
弊社のような零細企業にとって、人との繋がりほど有難いことはなく、心より感謝いたします。

おかげさまで、今年の弊社のシステムが稼働しての撮影延べ日数は140日を越えました。
ひとつひとつを決して妥協することなく、無事に終えることができましたのも、お客様はじめ、弊社に関わってくださる全ての方々のおかげと思っております。

ことに、弊社の業務の柱である音楽映像収録は、ひとつひとつの公演が出演者の方々にとっては一生に一度の日となります。
その一生に一度の日を、5年後、10年後、未来へ残すお仕事をさせていただいているのです。

それゆえ、緊張しない撮影はありません。

音楽映像にしても、イベントの中継ビジョン出しにしても、プロにご依頼いただいたのだから、綺麗に撮れていて当たり前。
そこから先、シンフォニクスにお願いしてよかったと思っていただけるような、プラスちょっとの要素をどうしていくか、色々と模索した1年でした。

今後も弊社は努力と勉強を惜しまず、常に様々なことにチャレンジしてまいります。


最近、思うことがあります。

10代、20代のうちに、いかに多くのことを経験し、瞬間瞬間でなにを感じ、なにを学んできたか。それが貯金となり、私のように30代も後半になると、その貯金を少しずつ切り崩していっているような気がするのです。

あくまで「気がする」だけなのですが、例えば今から私がレコーディングディレクターになりたい、とか、かっこいいCGを作るクリエーターになりたい、とか、一流を目指すのであれば現実的なことではありません。

最前線で活躍する方々とお会いする度に、その方々が10代、20代の頃に刺激を受けて学んだこと、経験したことが生きているのだなと思い知らされます。


まだまだ若輩者の私にとって、偉そうなことは決して言えませんが、もしこれを読んでいる若い世代の方々がいらっしゃいましたら、是非、時間を無駄にすることなく、多くのことを経験し、学んでいただきたいと思います。

「今」しかできないことはたくさんあります。
それは、仕事に関わることだけではなく、プライベートも遊びも恋愛も、全てに言えることなのではないかとも思います。

そんなことを、自分の反省も踏まえつつ書いてみました。

それでは、皆様、どうぞよい年をお迎えください。

 | HOME |  »

ご案内

映像制作プロダクション Symphonicsのメインサイトはこちらからどうぞ。
オーケストラや吹奏楽などの演奏会映像制作は中継映像収録のページ にてご案内しております。

Symphonics(シンフォニクス)
〒112-0003
東京都文京区春日1-6-1-105
TEL 03-6240-0237
FAX 03-6240-0238

お問い合わせはこちらからどうぞ!

Twitter

Facebook

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

代表プロフィール

symphonics

Author:symphonics
代表取締役
佐藤政幸(さとう まさゆき)
1980年生まれ。
2004年に秋田大学を卒業。在学中にNHK秋田放送局をはじめ、多くの映像制作・技術会社のスタッフとして映像制作業務に携わる。
大学卒業後、都内の大手放送技術プロダクションである株式会社東通に入社。撮影、編集業務において数多くの番組製作に携わる。

自身が小学校~大学時代まで、吹奏楽とアマチュアオーケストラでトロンボーンを担当していたこともあり、音楽映像に関しては人一倍のこだわりがある。