私どもシンフォニクスはあらゆる映像コンテンツを生み出すプロダクションです。 このブログは、そんな私どもの日常を綴って参ります。

流し撮り

2014 - 04/16 [Wed] - 19:50

こんにちは。2号です。
あっという間に、東京は桜が散ってしまいましたね。。。

そろそろ、東北あたりが、桜が満開でしょうか?

さて、先日お休みを頂きまして、遊んできました。
原鉄道模型博物館
2回目の訪問でしたが、いつ行ってもわくわくする博物館です。お近くの方は、ぜひ。
あと、こちらの博物館、基本的に写真撮影がOKというこで、さっそく撮ってみましたよ。

こーんな大きな模型です↓
IMG_2594.jpg

で、早速ジオラマを撮影してみたのですが…
IMG_2596.jpg
うーん、動いているものを撮影するのは、難しいですね。
周りの景色は見えるのですが、肝心の電車が、ブレております(動いているから当然なのですが)。


ということで、挑戦してみました。流し撮り!
電車の速さに合わせて、カメラを動かして、電車はブレず、周りの風景が流れて見える。という感じですかね。
3枚目くらいで、撮れた!と思い、周りの人に評価を得たところ…。
IMG_2599.jpg
「前の、架線が邪魔ですね。」
と、バッサリと切られてしまいました泣
うまく、撮れたと思ったのに。

そのあと、何度か挑戦し、「これなら、どうだ!」
IMG_2600.jpg
という顔で自慢したら…
「前が、空きすぎだね。。。」
と、またも辛口コメントを頂いたのでした。


写真は、どうであれ、楽しかったから良しとしましょう。。。

気がつけば、新年度。

2014 - 04/07 [Mon] - 14:10

3月中にブログを書こうと画像だけアップロードしたまま放置し、気がつけば4月でございました。

こんにちは、1号です。

先日のエントリー、新事務所の3号選手の机がまだ整っていない、というところで終わってしまいましたが、先日無事に完成いたしました。
desk_20140407135822b7f.jpg
映像編集もある程度の事務作業も快適にできるかと思います。


さて、後楽園の新事務所付近は春爛漫でございます。
事務所の裏には通称「牛天神」という、北野神社があります。


皆様も是非お気軽にお立ち寄りください。



さて、3月の撮影のひとこま。

3月は実に月の半分以上は撮影に出ていたのですが、3月12日は池袋の東京芸術劇場での撮影でした。
この日は、テレビ番組としてオンエアするためのコンサート収録。

3社が力を合わせての収録です。
機材は実にハイエース3台分。


音声機材だけでこんなにたくさん。

というかこのオクタヴィアレコードさんの機材車、ドアを閉めるとこんな感じ。


この犬、「オクタ犬」というんです。かわいいですね。

この日の撮影は7カメスイッチング+全パラ。
収録ベースにも機材がたくさん。


そんなバタバタ、じゃなくてバッタバッタな3月でしたが、一通り無事に終えまして、今月は少し落ち着いて業務を行っております。

忙しい3月を支えてくれた、レッドブルよ、ありがとう!



(1号)

春が来た!

2014 - 04/03 [Thu] - 12:13

こんにちは!新年度が始まりまして、新しいことにチャレンジ中の3号です!
ブログを書こう!が、今チャレンジしていることです。がんばって書こうと思います!

本日も桜が本当にきれいで、すっかり春模様の東京です!
事務所の私の机はまだ準備中です!きれいな姿になるのはもう少しです!

fc2blog_201404031210059f5.jpg


 | HOME | 

ご案内

映像制作プロダクション Symphonicsのメインサイトはこちらからどうぞ。
オーケストラや吹奏楽などの演奏会映像制作は中継映像収録のページ にてご案内しております。

Symphonics(シンフォニクス)
〒112-0003
東京都文京区春日1-6-1-105
TEL 03-6240-0237
FAX 03-6240-0238

お問い合わせはこちらからどうぞ!

Twitter

Facebook

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

代表プロフィール

symphonics

Author:symphonics
代表取締役
佐藤政幸(さとう まさゆき)
1980年生まれ。
2004年に秋田大学を卒業。在学中にNHK秋田放送局をはじめ、多くの映像制作・技術会社のスタッフとして映像制作業務に携わる。
大学卒業後、都内の大手放送技術プロダクションである株式会社東通に入社。撮影、編集業務において数多くの番組製作に携わる。

自身が小学校~大学時代まで、吹奏楽とアマチュアオーケストラでトロンボーンを担当していたこともあり、音楽映像に関しては人一倍のこだわりがある。