私どもシンフォニクスはあらゆる映像コンテンツを生み出すプロダクションです。 このブログは、そんな私どもの日常を綴って参ります。

録音に悩む

2010 - 06/28 [Mon] - 19:25

少しばかりブログを放置してしまいました。。。

朝から蒸し暑い日が続きますが、皆様体調いかがですか?
今日は打ち合わせでお邪魔した会社の方に
「佐藤さん、顔色よくないですよ。疲れてませんか?」
とお気遣いいただきました。
ちょっと疲れてるかも。。。でもバリバリがんばりますよ!
(無理して倒れないようには気をつけないといけませんけどね!)

昨日は文京区民オーケストラ様の演奏会撮影でした。

前日の土曜日に文京シビックホールでのリハーサルにお邪魔したのですが、その時に空いている周辺駐車場がなかなかなく、結局東京ドーム駐車場に停めました(電車で来ればよかったと後悔)。

リハーサルが終わって帰ろうとしたところ、ちょうどドームの試合終了と重なりました。
流れる人混みに逆行して駐車場へ。

10062602.png

時間に余裕ができたら野球を見に行きつつビールを飲むなんてことしてみたいですねぇ。

そして、翌日が本番。

前日は見学だけでしたので、撮影機材等は当日の朝に持ち込みました。

Symphonicsで最も好評いただいております4台のカメラでのスイッチング撮影です。

DVDを作るということは同時に音も収録する訳ですが、私どもでは基本的に集音をホールさんへお任せするのではなく、可能な限り自分たちで行います。
また、同時にCD制作も承っております。
(CD、DVDの両方が一気に作れてしまいますので、ご興味のあるかたはどうぞお問い合わせください!)

今回はDVDのみの制作なのですが、録音もがんばります!

10062701.png
↑これが録音セット。
マルチチャンネル録音の時はMacBookProを持っていて、Protoolsシステムで録音します。

ホールの三点吊り装置にマイクを取り付けて録音するのですが、ただ吊ればいいってもんじゃあございません。

マイクの微妙な位置や取り付け方によって音質が大きく変わりますので、リハーサルで音を聴きながらベストな位置に追い込んでいきます。

今回は和太鼓コンチェルトやピアノコンチェルト、フルオーケストラと録音には結構難しいシチュエーション。

さらに、このホールは三点吊り装置があまり前に出ないので苦労しました。
マイクの位置を下げてもどうしても音が遠いので、悩んだ結果マイクのカプセルを交換。

これでだいぶ音が近くなりました。
あとは生々しすぎず、遠くなく、各パートがバランス良く録れる位置に調整しました。
結果的にはそこそこの音で録音できたのではないかと思います。

以前も書きましたが、映像の業者なのになんでそこまで拘るの?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、単純にいい音で録れた時の快感が好きなんですね。

もちろん、録音に拘って映像をないがしろにしてはいけませんが、可能な限りがんばります。

とは言え、餅は餅屋。
本格的CD制作などの高度な録音が必要な場合には、信頼できる外部スタッフさんにお願いすることもあります。

気軽なDVD制作から、本格的VP制作、CDセッション録音まで、どうぞお気軽にお問い合わせください!
(今日はめずらしくブログで宣伝してみました!)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://symphonics.blog75.fc2.com/tb.php/175-edf26396

 | HOME | 

ご案内

映像制作プロダクション Symphonicsのメインサイトはこちらからどうぞ。
オーケストラや吹奏楽などの演奏会映像制作は中継映像収録のページ にてご案内しております。

Symphonics(シンフォニクス)
〒112-0003
東京都文京区春日1-6-1-105
TEL 03-6240-0237
FAX 03-6240-0238

お問い合わせはこちらからどうぞ!

Twitter

Facebook

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

代表プロフィール

symphonics

Author:symphonics
代表取締役
佐藤政幸(さとう まさゆき)
1980年生まれ。
2004年に秋田大学を卒業。在学中にNHK秋田放送局をはじめ、多くの映像制作・技術会社のスタッフとして映像制作業務に携わる。
大学卒業後、都内の大手放送技術プロダクションである株式会社東通に入社。撮影、編集業務において数多くの番組製作に携わる。

自身が小学校~大学時代まで、吹奏楽とアマチュアオーケストラでトロンボーンを担当していたこともあり、音楽映像に関しては人一倍のこだわりがある。