私どもシンフォニクスはあらゆる映像コンテンツを生み出すプロダクションです。 このブログは、そんな私どもの日常を綴って参ります。

プロっぽく!

2010 - 07/01 [Thu] - 22:44

今日から7月ですね!

しかし、まだしばらくじめじめした日が続きそうです。

今日も予報は曇りだったのに、東京ではお昼前に強い雨が降りました。

私は強烈な雨男なのです。
だいたい、自分が外に出ると雨が降り、建物に入ると止みます。
すごい確率でそうなるんです。

今日なんかは、お昼を買いに行こうとしたのですが雨が強いので弱くなるまで待っていました。
しかし、14時を過ぎても一向に止む気配がないので、仕方なく傘をさしてお昼を買いに行きました。

事務所に戻った瞬間に雨があがり、晴れ間が見えてきました。

まあ、そんなもんですよね。



さて、今日のネタは家庭用ビデオカメラ。

最近の家庭用ビデオカメラはとても性能がよくなって、画質だけ見ると撮影条件さえ良ければプロ用のカメラと遜色ない映像が撮れてしまうくらいです。

少し前ですが、Symphonicsでも家庭用のカメラを導入しました。

moblog_6aeb48a9.jpg

ソニーのHDR-CX550Vというものです。
このカメラの特筆すべき点はなんと言っても強力な手ぶれ補正ですね。
普通に撮影しただけで、まるで特殊な防振装置を使ったかのようなブレのない映像が撮れてしまいます。
また、広角なレンズですので、サブカメラとしてバックステージなどのネタ撮りにはもってこいなんですね。

しかし、どう見ても家庭用カメラ。
いくらネタ撮りとは言え、プロが撮っている感じには見えません。




そこで…




moblog_fdd07c32.jpg

さらに広角に撮れるようにワイドコンバージョンレンズと、ステレオマイクに「ふさふさ」をつけています。
少しプロっぽく見えませんか?

この「ふさふさ」はウインドジャマーと呼ばれるもので、風の強い時などにぼこぼこというノイズを防ぐのに役に立ちます。
屋内使用がほとんどのSymphonicsの業務において、ウインドジャマーはほとんど意味がないのですが、一応プロっぽく見せるという意味でつけっぱなしにしています。

すでに現場では大活躍。

しかし、この「ふさふさ」かなりの確率で珍しがられ(可愛がられて?)触られます。

今度このふさふさに目とか耳とかつけてみましょうか。

Re: ワイコンについて

zzz-takaさん
こんにちは。返信が遅くなってしまい申し訳ございません。

CX550Vとてもいいです。
ホワイトバランスさえマニュアルにしてしまえば、あとはそれほど不満はありまえんね。
明るさもマニュアルにすることがありますが、それをダイヤルにアサインしてあるのでそれもそれほど面倒ではありませんので。

さて、ワイコンですがCX550Vは元から広角ですのでワイコンがないと困る!という場面は少ないと思います。
それでもほぼ常用しているのは、ワイコンがあって広い分にはその方がいいなぁという場面の方が多いからです。
画質につきましても、この純正のワイコンは価格の割りにとても優秀だと思います。
動画モードではケラレもなく、周辺のボケも気になりませんでした。

実際、どれくらい広いかということですが、これは静止画にしてお見せできれば一番分かりやすいですよね。
今日のブログのネタにしましょう!

ワイコンについて

こんにちは~。

CX550V、良いですよね~。うちも重宝してます。
今までHC1、SR8、SR12、XR500V、CX550Vと使ってきましたが、XR500あたりから、画質もグンと良くなりました。
裏面CMOSというだけではない、シャープさが出た感じです。

ただ~、所詮は家庭用、細かい設定は無理なので、オート機能をどう使うかが腕の見せ所ですね。


さて、実は教えていただきたいことがあります。
ワイコンについてです。
広角用のCX550Vですが、まだワイコンを買ってません・・・。
まぁ、ほぼノーマルで用がたせると思ったからですが、画面の面白みとして、超広角も面白いかな?と思っているんですが、
実際、どのくらいの画角の違いかが良くわかんないんですよね~。

SR12時代に買ったワイコンがあるんですが、それを装着すると四隅にケラレが出てしまいました。


佐藤さんの使っているワイコンは、純正(現行品)ですよね?
ケラレが出ることはないと思いますが、画角の差や、周辺のぼやけなど、
感想をお聞きしたいです。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://symphonics.blog75.fc2.com/tb.php/178-cb7a379c

 | HOME | 

ご案内

映像制作プロダクション Symphonicsのメインサイトはこちらからどうぞ。
オーケストラや吹奏楽などの演奏会映像制作は中継映像収録のページ にてご案内しております。

Symphonics(シンフォニクス)
〒112-0003
東京都文京区春日1-6-1-105
TEL 03-6240-0237
FAX 03-6240-0238

お問い合わせはこちらからどうぞ!

Twitter

Facebook

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

代表プロフィール

symphonics

Author:symphonics
代表取締役
佐藤政幸(さとう まさゆき)
1980年生まれ。
2004年に秋田大学を卒業。在学中にNHK秋田放送局をはじめ、多くの映像制作・技術会社のスタッフとして映像制作業務に携わる。
大学卒業後、都内の大手放送技術プロダクションである株式会社東通に入社。撮影、編集業務において数多くの番組製作に携わる。

自身が小学校~大学時代まで、吹奏楽とアマチュアオーケストラでトロンボーンを担当していたこともあり、音楽映像に関しては人一倍のこだわりがある。