私どもシンフォニクスはあらゆる映像コンテンツを生み出すプロダクションです。 このブログは、そんな私どもの日常を綴って参ります。

Symphonicsの夏。スダレをさげました。

2010 - 08/25 [Wed] - 21:13

毎日暑いですねー。

もはや恒例のお昼ご飯の公開。



今日は親子丼とお蕎麦のセットをいただきました。
これで680円は安いですね。
蕎麦湯までちゃんといただきました。

さてー、毎日暑いですねー(2回目)。

Symphonicsの編集室、暑いです。ほんと暑いです。クーラー効きません。
15畳ほどの編集室ですが、壁の2面は大きな窓になっています。
その窓から直射日光が入ってくるので、カーテンをしていても暑いのです。

ガラスを触るとかなり熱いです。これじゃあ、壁の2面にパネルヒーターがあるようなものです。
クーラーが効かないわけですね。
そこでふと思い立ちました。
葦簀(よしず)を使おう、と。

以前の会社では夏場はよく暑さ対策のために葦簀を使っていました。

このようにカメラに使ったり…
sato_cam_20100825205348.jpg
(↑は23歳の頃の佐藤です)

甲子園中継では、中継車を囲ったり…
005.jpg
(写真提供:Next-xero.com

これだけでかなりの効果があるんです。

ということで、思い立ったら即行動の佐藤は、朝イチで近くのホームセンターに赴き、葦簀を買ってきました。
売っていたのは葦簀(よしず)ではなくて、簾(すだれ)でしたが、違いは素材だけのようですね。

あまりに安いので驚きました。88cm×150cmのもので、158円ですよ!
取り付け金具の方が高かったです(笑

で、早速取り付けました。



つけてすぐ効果がありましたよ。窓を触っても熱くありませんでしたし、室温もいつもより3度ほど下がりました。
見た目にも夏らしくていいですね。

夏らしいといえば…

本日、某ブログで発見したプッチンプリンのソーダ味。
コンビニで見つけたので買ってきました。



ほんとに青いです。見た目が異様です。

でも、味は意外にもいけました。私は嫌いではありませんでしたね。


夏らしいといえば、写真をもう一枚。



今日の夕方に事務所の前から撮れたものです。雲の向こうからCGのように後光が差していますね。
ちなみにこの効果、Shine(シャイン)というプラグインのものをよく使います(いつの間にかCGの話ですね)。

まだまだ残暑が厳しいですが、皆様も熱中症にはお気をつけください!

ちなみに、佐藤はアイスではスイカバーが好きです。

連絡係さん>
ソーダ味、微妙でしたけど、まずくはなかったです。
でも普通のカラメルのが食べたいですね笑

簾、ほんと涼しいです。朝から事務所が清々しいですね。
(クーラーのおかげもあるのですが…)

暑い日はすだれに水をかけるといいらしいです。
こんどやってみようかと思います。

ソーダ味!!
うちのスタッフブログ見ましたか?笑

そうなんですよ、うちのスタッフが写真撮ってブログネタにしたのですが、カップのまま写真撮っていたので、どのくらいの青さ加減か分かりませんでした。
見た目、ちょっと恐ろしいですね。

簾、良いですね。夏の画です。
日本の文化は私は大好きです。
見ているだけで涼しいですね♪

残暑お見舞い申し上げます。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://symphonics.blog75.fc2.com/tb.php/224-e898b9d9

 | HOME | 

ご案内

映像制作プロダクション Symphonicsのメインサイトはこちらからどうぞ。
オーケストラや吹奏楽などの演奏会映像制作は中継映像収録のページ にてご案内しております。

Symphonics(シンフォニクス)
〒112-0003
東京都文京区春日1-6-1-105
TEL 03-6240-0237
FAX 03-6240-0238

お問い合わせはこちらからどうぞ!

Twitter

Facebook

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

代表プロフィール

symphonics

Author:symphonics
代表取締役
佐藤政幸(さとう まさゆき)
1980年生まれ。
2004年に秋田大学を卒業。在学中にNHK秋田放送局をはじめ、多くの映像制作・技術会社のスタッフとして映像制作業務に携わる。
大学卒業後、都内の大手放送技術プロダクションである株式会社東通に入社。撮影、編集業務において数多くの番組製作に携わる。

自身が小学校~大学時代まで、吹奏楽とアマチュアオーケストラでトロンボーンを担当していたこともあり、音楽映像に関しては人一倍のこだわりがある。