私どもシンフォニクスはあらゆる映像コンテンツを生み出すプロダクションです。 このブログは、そんな私どもの日常を綴って参ります。

Adobe Photoshop

2010 - 10/15 [Fri] - 21:30

今日は夕方からDVDジャケットのデザインをしました!



業界的にはジャケットやレーベルなどの印刷物はAdobeのIllustratorを使うのが一般的なのですが、私はPhotoshopで作ってしまいます。

…というか、Illustratorがよく分かりません。

「1週間でマスターするIllustrator」

という本を買ってきて、読まないまま何週間年経ったのでしょうか…

Illustrator、ソフト自体は持っています。
しかし、ほっとんど使っておりません。

たまーに、Illustratorファイルを開いてPhotoshopファイルに変換する時にしか使いません。

ベクターデータ系のソフトでは今は無きMacroMediaのFreeHandというものは、配線図面を書くときに結構使っていたのですが、Illustratorは上記のとおり、よく分かりません。

使えるようになれば便利なんでしょうけど、印刷物もつい馴染みのあるPhotoshopで作ってしまいます。

Photoshopとはバージョン5の頃からの付き合いです。

某公共放送のニューステロップを作成するスタッフとして働いていた時に初めて触ったのですが、当時のPhotoshopは、文字レイヤーの扱いが非常にやりづらかったですね。
それが、バージョン6になってからとても使いやすくなり、それ以来、個人的にもPhotoshopを使うようになりました。

編集のメインで使っているEDIUSというソフトもPhotoshopとの親和性が高く、今現在もテロップは全てPhotoshopで作っています。

アルファチャンネルが使えることから、映像系の方はおそらくPhotoshopが一番馴染んでいるのではないかと…

リニア編集をしていた頃も、Photoshopで色々な切り抜きをしました。
Photoshopで静止画にキー信号を付加して、DEKOで読み込んでスイッチャーに入れる、という方法で切り抜いていました。
(マニアックな話ですみません…)

そんなウチのPhotoshopはまだバージョンがCS2。最新のはCS5。
PhotoshopがCS2というか、Illustratorも、AfterEffectsも、PremiereもぜーんぶCS2。
AdobeのProduction Studio Premiumというソフトの詰め合わせのようなのを使っているためです。

別にCS2で不満ないしー、と言いながら月日は経ち、今バージョンを上げないとアップグレードパッケージの対象から外れてしまいます。

編集ソフトもバージョンアップしないと、もうすぐ次の次のバージョンが発売されてしまいます。

ということから、私の性格がお分かりになるかと思いますが、全然新しい物好きではないんですね。
どちらかというと、ソフトも機材も発売から少し立って安定してきた頃に買う派です。

仕事で使うものですので、安定性が一番、と考えているためなのですが、いつも買うとすぐに次のバージョンが出てしまいます。

それはそれでちょっと悔しいんですよねー。

Re: タイトルなし

宏哉さん>
ウチもそろそろ64bit化したいと思っておりますので、是非がんばりましょう!

>そろそろ、64bitOSにしませんか?
 そうですね。
 そろそろです…(笑

 また自爆自爆の日々を送りますー。

Re: タイトルなし

宏哉さん>
いつも宏哉さんが真っ先に最新ソフトを使って下さるおかげで、私はそれらの安定した頃を知ることができております。
そろそろ、64bitOSにしませんか?
…と、また実験を依頼する笑

 私も、イラレ……全然使えないです。
 佐藤くん同様、クライアントから送られてくるイラレデータをPSDに変換する時にだけイラレを立ち上げる……という程度です。

 で、ジャケットもテロップもみな Photoshop。
 Photoshopを触らない日は無いぐらい、毎日活用しています。


 そして、正反対なのが「ソフトも機材も発売から少し立って安定してきた頃に買う派です。」という部分で、私は「ソフトも機材も発売よりも寧ろ発売前に買ってしまう派」で周りにユーザも情報も無い状態から使い始めるのが大好きです。
 
 使う機材は、世に出た瞬間らからしゃぶり尽くして、次の新機種へフラフラと渡り歩いていくタイプです。
 
 勿論、仕事ではなくプライベートな機材であるからこそ出来る無茶なんですけれどね。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://symphonics.blog75.fc2.com/tb.php/264-783f514a

 | HOME | 

ご案内

映像制作プロダクション Symphonicsのメインサイトはこちらからどうぞ。
オーケストラや吹奏楽などの演奏会映像制作は中継映像収録のページ にてご案内しております。

Symphonics(シンフォニクス)
〒112-0003
東京都文京区春日1-6-1-105
TEL 03-6240-0237
FAX 03-6240-0238

お問い合わせはこちらからどうぞ!

Twitter

Facebook

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

代表プロフィール

symphonics

Author:symphonics
代表取締役
佐藤政幸(さとう まさゆき)
1980年生まれ。
2004年に秋田大学を卒業。在学中にNHK秋田放送局をはじめ、多くの映像制作・技術会社のスタッフとして映像制作業務に携わる。
大学卒業後、都内の大手放送技術プロダクションである株式会社東通に入社。撮影、編集業務において数多くの番組製作に携わる。

自身が小学校~大学時代まで、吹奏楽とアマチュアオーケストラでトロンボーンを担当していたこともあり、音楽映像に関しては人一倍のこだわりがある。