私どもシンフォニクスはあらゆる映像コンテンツを生み出すプロダクションです。 このブログは、そんな私どもの日常を綴って参ります。

電々

2010 - 10/18 [Mon] - 22:55



全130団体分の台本作り、今現在で全体の1/4まできました!

手書きで書いているため、夜から右手の肘が痛くなって書きづらくなる、という学生時代を思い出すような現象が。
いや、学生時代はそんなに真面目に勉強していませんでしたけど、それでも大学のレポートなんかは手書きで提出する決まりでしたので、大変でした。

今日は、夕方から首都大学東京管弦楽団様との打ち合わせだったのですが、ご担当者様は電気電子工学科の所属でした。
私も、大学は違いますが電気電子工学科出身。
打ち合わせの後も理系トーク(?)で盛り上がりました(笑

電気電子工学科って略して「電々」(でんでん)ですよね?
ウチの大学だけですか?

さて、戻ってきてからまたせっせと台本作成。

合間にDVD作成や見積もりの作成なども行い、あっという間にこんな時間。
全体の1/4なのでまだまだ先は長い!

おそらく、マラソンと一緒で中間あたりが一番キツイんでしょうね。
がんばります!

Re: 電電

昼田さんの大学も電電なんですね!
やはり、どこも同じなんですかね。かわいい響きとは裏腹にキツイ学科だと思います。

電電

私の大学も「電電」でしたよ(^_^)

Re: でんでん

oxeさん>
懐かしいですね!あのレポートに追われる日々。
1枚書くのに自分の場合1時間半掛かりましたから、20枚のレポートを週に2回提出すると考えると
20*2*1.5=60。
毎週60時間レポートを書いていたことになりますね。
書いてる時間だけでも一日平均7.5時間。
お国を訴えましょう!無理ですね。

電々、よりは電電の方が確かに迫力ありますね!
子ですからね。

でんでん

凄い…素人目には気の遠くなるような作業ですね…お疲れさまです!

懐かしいあのレポートの日々…皆で人間複写機と化した地獄の夜…(笑)

個人的には「々」は使わず「電電」と書くのがCOOLで粋だと思います!
僕は当時そう書いてた気がします。どうでもいいこだわり?

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://symphonics.blog75.fc2.com/tb.php/266-d724acc3

 | HOME | 

ご案内

映像制作プロダクション Symphonicsのメインサイトはこちらからどうぞ。
オーケストラや吹奏楽などの演奏会映像制作は中継映像収録のページ にてご案内しております。

Symphonics(シンフォニクス)
〒112-0003
東京都文京区春日1-6-1-105
TEL 03-6240-0237
FAX 03-6240-0238

お問い合わせはこちらからどうぞ!

Twitter

Facebook

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

代表プロフィール

symphonics

Author:symphonics
代表取締役
佐藤政幸(さとう まさゆき)
1980年生まれ。
2004年に秋田大学を卒業。在学中にNHK秋田放送局をはじめ、多くの映像制作・技術会社のスタッフとして映像制作業務に携わる。
大学卒業後、都内の大手放送技術プロダクションである株式会社東通に入社。撮影、編集業務において数多くの番組製作に携わる。

自身が小学校~大学時代まで、吹奏楽とアマチュアオーケストラでトロンボーンを担当していたこともあり、音楽映像に関しては人一倍のこだわりがある。