私どもシンフォニクスはあらゆる映像コンテンツを生み出すプロダクションです。 このブログは、そんな私どもの日常を綴って参ります。

MicW(マイクダブリュー!)

2010 - 11/15 [Mon] - 23:49

今日の東京は午後から雨でしたね。
私は編集室にこもって、編集やら撮影台本作成やらでバタバタでした。
間もなく日付が変わりますが、まだまだやることは山積み!

気分転換にブログの更新です。

週末は首都大学東京管弦楽団様の定期演奏会撮影でした。



今回はなんと、オンズ株式会社の平野さんのご厚意で“気になるアレ”を借りることができまして、使ってみました!



MicW(マイクダブリュー)というマイクです。見た目はコンサート収録ではスタンダードなあのモデルにそっくりです。

いや、見た目だけではなく音質も全く引けを取らないものでした。
DPA4006よりも高域が伸びてますので、より明るく綺麗にオイシイ音が録れてしまうマイクです。

合計6本も借りることができましたので、



こんな感じにステージ下にバウンダリー代わりに置いたり、



チェロコンチェルトのソロ用に立てたりと、色々使いました。

実際に使ってみて、Symphonicsでは購入決定ということになりました。
おめでとー!パチパチ☆

今までメインで使っていたMBHOとはキャラクターが違いますので(MBHOはショップスにそっくり)、用途によって使い分けができそうです。

ところで、本番前にめずらしい出来事が!
お客さまのなかに「Symphonicsの佐藤さんですか?」とお声を掛けてくださる方がいらっしゃいました。
なんでも、このブログを見て私が今日撮影に来ていることを知り、実際に会場に来てくださったんだとか。
同業者の方でした。なんとも嬉しい出来事ですね。

さらに嬉しいことに



ROYCEのポテトチップチョコレートをいただきました!

ありがとうございました。


Symphonicsは年末までバタバタです。
気を抜いてしまったのか、わたくし佐藤は週末の撮影が終わってから風邪気味になってしまいましたが、今日でだいぶよくなりました。
インフルエンザの予防接種をしておきながら風邪をひいてしまっては意味がありませんね(笑

皆様も体調にはくれぐれもお気をつけくださいませ。

6344さん>
いつも、ご覧頂きましてありがとうございます。
そしてコメントありがとうございます。

音も4006そっくりでした。Symphonicsの録音エンジニアも「これなら使える」的なことを言っておりました。

風邪はだいぶよくなりました。が、今日は朝から鼻水とくしゃみがとまりません。
栄養ドリンクは薬局とかで普通に売っているものですか?
私もお気に入りのがあるのですが、なかなか売っていないんです。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

初のコメント失礼します。
いつもこっそりBlogのぞいています。d(^_^o)
Symphonics様のお仕事ぶり、たくさん勉強させて頂いております。

マイクが出てきたので、ついつい、コメントしてしまいました…。

4006そっくりですね。
ぜひ、盤になった音を聴いてみたいです。

風邪、流行っているみたいですね。私の周りにもここ3日間で風邪になってしまった人をみました。
あっ、今度風邪に効く、オススメの栄養ドリンク教えますよ!!

これからもBlog楽しみにしております。
お身体ご自愛ください。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://symphonics.blog75.fc2.com/tb.php/282-15ae0f78

 | HOME | 

ご案内

映像制作プロダクション Symphonicsのメインサイトはこちらからどうぞ。
オーケストラや吹奏楽などの演奏会映像制作は中継映像収録のページ にてご案内しております。

Symphonics(シンフォニクス)
〒112-0003
東京都文京区春日1-6-1-105
TEL 03-6240-0237
FAX 03-6240-0238

お問い合わせはこちらからどうぞ!

Twitter

Facebook

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

代表プロフィール

symphonics

Author:symphonics
代表取締役
佐藤政幸(さとう まさゆき)
1980年生まれ。
2004年に秋田大学を卒業。在学中にNHK秋田放送局をはじめ、多くの映像制作・技術会社のスタッフとして映像制作業務に携わる。
大学卒業後、都内の大手放送技術プロダクションである株式会社東通に入社。撮影、編集業務において数多くの番組製作に携わる。

自身が小学校~大学時代まで、吹奏楽とアマチュアオーケストラでトロンボーンを担当していたこともあり、音楽映像に関しては人一倍のこだわりがある。