私どもシンフォニクスはあらゆる映像コンテンツを生み出すプロダクションです。 このブログは、そんな私どもの日常を綴って参ります。

うっちゃかして、うっかんがした

2011 - 02/17 [Thu] - 22:03

今日は少し暖かかったですね@東京。

天気もいいし、暖かいので事務所でのんびり編集…
と、そんな陽気な日に、やらかしてしまいました。

iPhoneを落としてしまい、ここまではよくあることなのですが(おい!)、打ち所が悪かったのか、電源が入らなくなってしまいました。

修理に持って行ったところ、2万円強かかるそうで、それならばとiPhone4を買ってきてしまいました。



↑iPhone4と落として壊したiPhone3GS

iPhoneは自分の中ではもはや仕事になくてはならないものになっております。
外出先でメールをチェックしたり、返信したり、スケジュールを確認したり…

通話がメインの携帯電話は別に持っているのですが、完全にiPhoneに依存してしまっていますね。
修理に出すために販売店に行くときも、ついiPhoneで地図を見るところでした。

ところで、日記のタイトルの「うっちゃかして、うっかんがした」。
意味分かりますか?

佐賀弁で「落として、壊した」という意味なんだそうです。
大学の同じ研究室に、東京出身で育ちは佐賀県の友人(ちなみに、お父様は自衛隊音楽隊)がおりまして、彼から教えてもらいました。

私は秋田の大学だったのですが(というか、秋田大学)、大学には色んなところの出身者がおりました。
学内で色々な方言が飛び交っていて(と言うと大袈裟ですが…)、楽しかったですね。

ちなみに、秋田弁で「落として壊した」は「落どして、ぼっこした」ですね。

Re: タイトルなし

おー!SOOさん!!
ブログ書いててふと懐かしい話を思い出したんですよねぇ。
今後も、ブログ共々よろしくです!

どうも。その彼です。
懐かしい話ですね。ちなみに”怒る、ムカつく”っていう言葉を意味する方言が
腹に纏わるものが多いですね。
腹が立つ:標準語。腹かく:佐賀弁、腹悪い:秋田弁
他にもあったりしますかねえ。

連絡係さん>
えー、通じなかったんですか。残念。
H坂さんなら、たぶん私となら方言だけで会話が成立すると思います笑

昼田さん>
動作が軽い気もしますが、気のせいのような、確かに軽いような…
それにしても、ituneで同期するだけで元の3GSと全く同じ環境になってしまうので感激です。
カメラの画質は確かによくなりましたね。

O野は、H坂に言われて…???って、なってました。
地域によって違うんですねぇ。

4は早いんですか!

欲しくなってしまいますねぇ。

Re: タイトルなし

連絡係さん>
コメント早いですね!笑
「捨てる」を「なげる」は秋田でも言いますよ!
最初に入った会社で新潟出身の上司から「佐藤、このレンズなげるんだけど、いるかい?」って言われた時に、新潟でも言うんだーって思って嬉しくなりましたね。
普通に考えたら、レンズ投げたら大変です笑
O野さんは通じますかね?

前に、山形出身の人がいて、「ゴミなげといてください」と言われ、???と、なったことがあります。ゴミは、なげるもんじゃないでしょ…って、思っていたら、捨てる。という意味だそうですね。なんとなく方言が可愛いと思うのは、私だけでしょうか?
あっ、iPhone4仲間ですね!使い方、教えてください!

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://symphonics.blog75.fc2.com/tb.php/326-f67cd97a

 | HOME | 

ご案内

映像制作プロダクション Symphonicsのメインサイトはこちらからどうぞ。
オーケストラや吹奏楽などの演奏会映像制作は中継映像収録のページ にてご案内しております。

Symphonics(シンフォニクス)
〒112-0003
東京都文京区春日1-6-1-105
TEL 03-6240-0237
FAX 03-6240-0238

お問い合わせはこちらからどうぞ!

Twitter

Facebook

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

代表プロフィール

symphonics

Author:symphonics
代表取締役
佐藤政幸(さとう まさゆき)
1980年生まれ。
2004年に秋田大学を卒業。在学中にNHK秋田放送局をはじめ、多くの映像制作・技術会社のスタッフとして映像制作業務に携わる。
大学卒業後、都内の大手放送技術プロダクションである株式会社東通に入社。撮影、編集業務において数多くの番組製作に携わる。

自身が小学校~大学時代まで、吹奏楽とアマチュアオーケストラでトロンボーンを担当していたこともあり、音楽映像に関しては人一倍のこだわりがある。