私どもシンフォニクスはあらゆる映像コンテンツを生み出すプロダクションです。 このブログは、そんな私どもの日常を綴って参ります。

いちばん近くのホールにて

2011 - 07/20 [Wed] - 18:18

まずいまずい。
7月はBlog全然更新してないじゃないですか!
気がつけばすでに20日。夏休みのシーズンに突入です。

さて、先日は文京区民オーケストラ様の撮影でした。
文京区民オーケストラ様とはもうかなり長くおつきあいさせていただいております。

Symphonicsの所在地も文京区。
会場は事務所から一番近いホールである文京シビックホールです。

おそらく、ここのホール、年間8日間くらいは撮影に来ているんじゃないでしょうか。
今回も4台のカメラを使ってのスイッチング収録でした。



今回、マイクは三点吊りに4回線。



2mのステレオバーが大活躍。
自然なホールリバーブをとらえることができました。
このステレオバー、各所で噂になっているようなのですが、簡単な自作でございます。
折りたたみ式ではないために、持ち運びが大変なのが難点。

今日は音の編集を行っております。
とてもお気に入りなのが、weavesのL3というプラグインソフト。
音圧を稼ぐために使うのです。



オーケストラは音のダイナミックレンジ(大きいところと小さいところの差)が大きいために、演奏の音が一番大きい部分をデジタル収録できる最大音量としてしまうと、DVDにした時に演奏の音圧が小さい部分がTVではほとんどきこえなくなってしまいます。

そこで、自然に音圧の差を少なくするために使っているのがこのL3。
この手のソフトの中では高価なのですが、それだけあってとても自然に聴かせてくれます。

現在、バウンス中。




同じ演奏会の録音でもDVDとCDでは編集が違うんです。
というSymphonicsのちょっとした宣伝(?)でした。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://symphonics.blog75.fc2.com/tb.php/364-de7f9703

 | HOME | 

ご案内

映像制作プロダクション Symphonicsのメインサイトはこちらからどうぞ。
オーケストラや吹奏楽などの演奏会映像制作は中継映像収録のページ にてご案内しております。

Symphonics(シンフォニクス)
〒112-0003
東京都文京区春日1-6-1-105
TEL 03-6240-0237
FAX 03-6240-0238

お問い合わせはこちらからどうぞ!

Twitter

Facebook

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

代表プロフィール

symphonics

Author:symphonics
代表取締役
佐藤政幸(さとう まさゆき)
1980年生まれ。
2004年に秋田大学を卒業。在学中にNHK秋田放送局をはじめ、多くの映像制作・技術会社のスタッフとして映像制作業務に携わる。
大学卒業後、都内の大手放送技術プロダクションである株式会社東通に入社。撮影、編集業務において数多くの番組製作に携わる。

自身が小学校~大学時代まで、吹奏楽とアマチュアオーケストラでトロンボーンを担当していたこともあり、音楽映像に関しては人一倍のこだわりがある。