私どもシンフォニクスはあらゆる映像コンテンツを生み出すプロダクションです。 このブログは、そんな私どもの日常を綴って参ります。

年末進行前半

2011 - 12/20 [Tue] - 20:59

今年も残すところ、あと10日ほどととなりました。
Symphonicsではバッタバタは日々でございます。ありがたいことです。

12月第二週は、金土日でオケ、オケ、第九、吹奏楽、合唱、と5現場!

↓機材積み込み中。さーがんばるぞ、の図。



金曜日はすみだトリフォニーホールで、中央大学管弦楽団様の撮影でした。



↓この日からベースのモニターが4連になっています。しかも、ちゃんと16:9に。
以前は3連にもうひとつくっつけて4カメの映像を見ていました。


↓ホールさんに協力していただき、ケーブル敷設を美しく!


こちらのホール、撮影視点でとてもよくできているホールなんです。
なので、ケーブル敷設もとても楽な上に、見た目にもすっきりします。
ホールの音響さんにケーブル養生を褒めていただきました。
当たり前のことを当たり前にしているつもりなのですが、いざ褒めていただけると嬉しいですね。

ホールさんは、ベースを客席内に組む映像業者の方がいて、お客様から苦情が来て困るというお話もしておられました。
撮影においてまず大切なことは、聴衆の方に不快な思いをさせないことだと思っております。
映像業者が演奏会そものもを邪魔してしまっては、どうしようもありません。


さて、その翌日は横浜みなとみらいホールにて、横浜国立大学管弦楽団様の撮影。
ここのホールはウチが撮影に入ると必ずといっていいほど、三点吊りマイクの音に電源ノイズが乗ります。
しかも、持ち込みマイク使っているのに。
ちゃんと、C型コンセントからアースつき電源を使っているのに、です。

そこで、先日作ったノイズ対策↓


ヘッドアンプのグランド(XLR1番)にアースをとります。

結果的に…


音響室のドアの金属部分にアース線をつなぐことで見事にノイズが消えました。

しかし、今度は録音系と映像系を配線したところ、またノイズが。
そこで、VTRのアースを落としたところ、全てのノイズが消えました。

ただの導線ですが、バカにできませんねぇ。

ちょいとマニアックなネタでしたが、同業者の皆様の参考になればと。


年内はあと5件の撮影があります。
本日も編集やカメラ台本作成などに時間を追われておりました。
バタバタですが、がんばりますよぉ!

皆様も体調にはお気をつけて!
m.sato

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://symphonics.blog75.fc2.com/tb.php/387-7cd2bd2a

 | HOME | 

ご案内

映像制作プロダクション Symphonicsのメインサイトはこちらからどうぞ。
オーケストラや吹奏楽などの演奏会映像制作は中継映像収録のページ にてご案内しております。

Symphonics(シンフォニクス)
〒112-0003
東京都文京区春日1-6-1-105
TEL 03-6240-0237
FAX 03-6240-0238

お問い合わせはこちらからどうぞ!

Twitter

Facebook

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

代表プロフィール

symphonics

Author:symphonics
代表取締役
佐藤政幸(さとう まさゆき)
1980年生まれ。
2004年に秋田大学を卒業。在学中にNHK秋田放送局をはじめ、多くの映像制作・技術会社のスタッフとして映像制作業務に携わる。
大学卒業後、都内の大手放送技術プロダクションである株式会社東通に入社。撮影、編集業務において数多くの番組製作に携わる。

自身が小学校~大学時代まで、吹奏楽とアマチュアオーケストラでトロンボーンを担当していたこともあり、音楽映像に関しては人一倍のこだわりがある。