私どもシンフォニクスはあらゆる映像コンテンツを生み出すプロダクションです。 このブログは、そんな私どもの日常を綴って参ります。

名盤。

2012 - 11/16 [Fri] - 17:56



写真、右のCD。
1996年に発売された、関東第一高校ウインドオーケストラの第26回定期演奏会のライブCDです。
発売から16年経った今でも私が最も大切にしている一枚です。

このCDとの出会いは、私が高校生3年生の頃。
その頃、私は吹奏楽部に在籍していました。

吹奏楽コンクール間近となった時期に、当時、関東第一高校ウインドオーケストラの指揮・指導をされていた塩谷晋平先生が、私ども吹奏楽部の指導にいらしてくださいました。
その塩谷先生が、お土産にと持って来てくださったのがこのCD「Swan Lake」です。

・ゴーストトレイン
・ダンテ「神曲」より 地獄篇
・序曲「ピータールー」
など、今でもよく演奏される吹奏楽曲が収録されています。

当時、私はこのCDをすり切れるほど(CDなのでそれはないのですが…)聴き、塩谷先生率いる関東第一高校ウインドオーケストラの音楽性あふれる、表情豊かな演奏にすっかり虜になっていたのでした。


関東第一高校ウインドオーケストラといえば、ヤン・ヴァン・デル・ローストさんが作曲された「カンタベリーコラール」を思い出される方も多いと思います。

1994年にその曲を自由曲として全日本吹奏楽コンクールに出場し、見事金賞に輝いたのが、関東第一高校ウインドオーケストラでした。

後に「カンタベリーコラール」といえば「関東一高」と言われ続けることになるほどの名演。
私も、その演奏を高校時代に先輩からカセットテープを貸していただき、こちらは本当にすり切れるほど聴いたのでした。


私をここまで音楽に引きつけてくださった塩谷晋平先生。
一昨日、2012年11月14日に亡くなられました。

60歳だったそうです。
昏睡状態のなかでも直前まで指揮を振られていたとの話も。

私が塩谷先生のお姿を最後に拝見したのは、ことし10月28日の第60回全日本吹奏楽コンクール全国大会、職場一般の部でのブリヂストン吹奏楽団久留米を指揮されていたときでした。

まさかそれから一ヶ月も経たないうちに、塩谷先生の訃報を耳にするとは、その頃は思ってもみませんでした。

書きたいことはたくさんあるのですが、今はただ、塩谷先生に心から感謝するとともに、ご冥福をお祈りするばかりです。

塩谷先生、ありがとうございました。
ごゆっくりおやすみください。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://symphonics.blog75.fc2.com/tb.php/435-adc6ec2a

 | HOME | 

ご案内

映像制作プロダクション Symphonicsのメインサイトはこちらからどうぞ。
オーケストラや吹奏楽などの演奏会映像制作は中継映像収録のページ にてご案内しております。

Symphonics(シンフォニクス)
〒112-0003
東京都文京区春日1-6-1-105
TEL 03-6240-0237
FAX 03-6240-0238

お問い合わせはこちらからどうぞ!

Twitter

Facebook

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

代表プロフィール

symphonics

Author:symphonics
代表取締役
佐藤政幸(さとう まさゆき)
1980年生まれ。
2004年に秋田大学を卒業。在学中にNHK秋田放送局をはじめ、多くの映像制作・技術会社のスタッフとして映像制作業務に携わる。
大学卒業後、都内の大手放送技術プロダクションである株式会社東通に入社。撮影、編集業務において数多くの番組製作に携わる。

自身が小学校~大学時代まで、吹奏楽とアマチュアオーケストラでトロンボーンを担当していたこともあり、音楽映像に関しては人一倍のこだわりがある。