私どもシンフォニクスはあらゆる映像コンテンツを生み出すプロダクションです。 このブログは、そんな私どもの日常を綴って参ります。

かぶせる

2013 - 09/10 [Tue] - 18:37

こんにちは。2号です。
8月も、バタバタとしていて、ありがたくお仕事させてもらっています。
1号先輩が8月に「会社設立1周年記念パーティーをやろう!」なんて言っていたのに、実行せずに9月に…。
(きっと一生、やらないのだろうな…と心の中でつぶやきつつ)

さて、本日は撮影についての、お話。

先日、スタッフ2名でピアノの発表会の収録がありまして、そのときの映像をサンプルにお話を。

○収録形態
客席センターカメラ2台(うち、1台固定、1台有人)
舞台1台(リモコン・スイッチャー兼任)

という収録でございました。
【A画像】センターカメラ↓
Still0910_00003.jpg

【B画像】どーんと、ズームして、ここまで↓
Still0910_00000.jpg

【C画像】ステージカメラは、こちら↓
Still0910_00002.jpg

【D画像】こちらも、どーんと、ズーム!↓
Still0910_00001.jpg

もちろん、ウエストサイズ、ピアノ全体入りなど色々なサイズの画をつくりながら、撮影するのですが、それ以上に感動的な映像を!ということで、2つの画を混ぜてみるとこんな感じ。

【A画像(ズームする)+D画像】
Still0910_00004.jpg

【B画像+C画像】
Still0910_00005.jpg

【A画像(バストサイズ)+C画像】
Still0910_00006.jpg

と、2つの画を重ねることにより、印象がだいぶ変わってきますよね。

実はこれらは、リターンという撮影機能(?)が、ついているがための成せる技。


-----
リターンとは、言葉の通り「返し」。

現在、どんな映像を撮っているか?というのを各カメラマンが確認できる機能。
もちろん、2つのカメラの映像を重ねると、2つの重なった映像が各カメラマンに見えるのですよ。
-----


テレビで放送している音楽映像(特に歌謡曲)も、「かぶせ」をしているので、みなさん、少し気にして見てみるのはいかがでしょうか?


2号。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://symphonics.blog75.fc2.com/tb.php/481-c19ad1fd

 | HOME | 

ご案内

映像制作プロダクション Symphonicsのメインサイトはこちらからどうぞ。
オーケストラや吹奏楽などの演奏会映像制作は中継映像収録のページ にてご案内しております。

Symphonics(シンフォニクス)
〒112-0003
東京都文京区春日1-6-1-105
TEL 03-6240-0237
FAX 03-6240-0238

お問い合わせはこちらからどうぞ!

Twitter

Facebook

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

代表プロフィール

symphonics

Author:symphonics
代表取締役
佐藤政幸(さとう まさゆき)
1980年生まれ。
2004年に秋田大学を卒業。在学中にNHK秋田放送局をはじめ、多くの映像制作・技術会社のスタッフとして映像制作業務に携わる。
大学卒業後、都内の大手放送技術プロダクションである株式会社東通に入社。撮影、編集業務において数多くの番組製作に携わる。

自身が小学校~大学時代まで、吹奏楽とアマチュアオーケストラでトロンボーンを担当していたこともあり、音楽映像に関しては人一倍のこだわりがある。