私どもシンフォニクスはあらゆる映像コンテンツを生み出すプロダクションです。 このブログは、そんな私どもの日常を綴って参ります。

裏方に徹すること

2009 - 06/30 [Tue] - 11:00

週末は忙しかったです。

土曜日は東北は秋田での撮影でした。カメラマンとしてのお仕事でしたので、少しの機材を持って新幹線で移動。

行きと帰りの新幹線の中では食事の時以外は7月のオーケストラ演奏会撮影のカメラ割りを考えるべく音源を聴きつつスコアとにらめっこしてました。
撮影が押してギリギリ最終の新幹線に乗って帰京。東京着23時でした。


20090630110057    20090630110055

翌日は東京大学フィルハーモニー管弦楽団様の演奏会撮影で八王子に行ってまいりました。

4カメスイッチング撮影(カメラマンがつくのは2台のみで残りの2台は固定)でした。

少ないスタッフ構成でも、カメラマン2名でここまで撮れるの?と思われるような映像作りを目指しております。

とは言え、スコアを読みながら闇雲に早く画面を切り替えたのでは
単にせわしない映像になってしまいますので
そのへんはセンスが問われるところ。
映像を見せる(魅せる)ということを常に念頭に置かなければいけません。

そして、映像制作全般に言えることかと思いますが、カメラマン(および技術スタッフ)はなるべく自分の存在を消すことが大事だと思っております。

カメラマンの存在を感じさせない映像=映像そのものに引き込まれる映像

なのではないかと思うのです。

パンやズームなどのカメラワークひとつをとっても、下手なワークをしてしまってはそこに「下手な」カメラマンの存在が見えてしまいます。
そこを上手くやって(=自分の存在を消して)はじめて、視聴者の方は映像に見入ることができるのではないかと思うのであります。

さて、今後も制作案件が続きます。

体調には気をつけないと(いつも言ってますね)。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://symphonics.blog75.fc2.com/tb.php/64-1ef71c35

 | HOME | 

ご案内

映像制作プロダクション Symphonicsのメインサイトはこちらからどうぞ。
オーケストラや吹奏楽などの演奏会映像制作は中継映像収録のページ にてご案内しております。

Symphonics(シンフォニクス)
〒112-0003
東京都文京区春日1-6-1-105
TEL 03-6240-0237
FAX 03-6240-0238

お問い合わせはこちらからどうぞ!

Twitter

Facebook

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

代表プロフィール

symphonics

Author:symphonics
代表取締役
佐藤政幸(さとう まさゆき)
1980年生まれ。
2004年に秋田大学を卒業。在学中にNHK秋田放送局をはじめ、多くの映像制作・技術会社のスタッフとして映像制作業務に携わる。
大学卒業後、都内の大手放送技術プロダクションである株式会社東通に入社。撮影、編集業務において数多くの番組製作に携わる。

自身が小学校~大学時代まで、吹奏楽とアマチュアオーケストラでトロンボーンを担当していたこともあり、音楽映像に関しては人一倍のこだわりがある。