私どもシンフォニクスはあらゆる映像コンテンツを生み出すプロダクションです。 このブログは、そんな私どもの日常を綴って参ります。

アンサンブルコンテスト秋田県大会 ~技術的なところについて~

2020 - 02/07 [Fri] - 17:41

ブログでは久しぶりの登場です。サトサンです。

先日のアンサンブルコンテスト秋田県大会では、たくさんの方にブースに足をお運びいただきましてありがとうございました。
ただいま、商品を絶賛生産中でございますので、発送まではあと少しお待ちください。

さて、私は今回の収録の技術的な部分について書いてみようと思います。

アンサンブルコンテストの収録は3台のカメラで行っております。



↑こちらが1カメ。
リモコンカメラです。ということは無人です。



↑こちらが2カメと3カメ。
2カメはアンサンブルのGS(グループショット)で固定です。
3カメはカメラマンが操作します。36倍レンズをつけていますので、ホール2階席からでも楽器の手元まで寄った映像を撮ることができます。

収録ベースはこんな感じです↓



左のラックが映像機材で、それ以外が録音機材です。
圧倒的に録音機材の方が多いですね。

デジタルミキサーを使うことで、ここまで機材を持ってこなくても同じような機能はあるのですが、どうしても私の制作魂が機材量に表れてしまいます笑


映像のスイッチングとリモコンカメラの操作は一人で行います。



映像スタッフはカメラマンとリモコンカメラ兼スイッチャー、そして記念写真撮影シーンを撮影するENGカメラがおります。




写真撮影シーンのあとは、一人一言インタビューも収録させていただきました。
10年後に見ても、20年後に見ても、記念になる映像を目指しております。


さて、録音についてですが、即売CDを販売する関係で色々とがんばらなくてはいけません。

メインマイクはホールの三点吊り装置に取り付けているのですが、そのほかにステージ下にサポートマイク。
写真にはありませんが、バウンダリーマイクも使用しております。






↑下の赤いのがマイクプリアンプという、マイクから来た信号を増幅する機械。
ここで、増幅された信号がミキサーに入ります。

その上の黒い機械はミキサーで作られた2chミックス音声を、CDやDVDにした時に聞きやすい音圧まで持ち上げて、自然なレベルにしてくれるマキシマイザーというものです。



↑レキシコンと書かれているのはリバーブ(残響)を作り出す機械です。
デジタルミキサーにもリバーブの機能があるのですが、こちらの方が断然綺麗な空間的なリバーブを作ってくれます。

その下のグレーの機械はデジタルディレイ。
今回は音声を4秒遅らせています。

4秒前の音をCDライターで録音することで、団体名アナウンスもCDに入れることができるのです。

そのCDライターがこちら。


アンサンブルは入れ替わりがとても早いので、2台を交互に使って録音しないと間に合いません(汗

アンサンブルの録音で大変なのは編成による音圧の違いです。
打楽器アンサンブルとフルート3重奏ではかなり音圧が違いますよね。
転換の合間にマイクプリアンプのレベルを動かして、適切な音量で録音できるよう、がんばっております。



こうして収録された映像、録音はシンフォニクスオンラインショップでお求めいただけます。
今月中の発送を予定しておりますので、もう少しお待ちください。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://symphonics.blog75.fc2.com/tb.php/659-e8aba5ab

 | HOME | 

ご案内

映像制作プロダクション Symphonicsのメインサイトはこちらからどうぞ。
オーケストラや吹奏楽などの演奏会映像制作は中継映像収録のページ にてご案内しております。

Symphonics(シンフォニクス)
〒112-0003
東京都文京区春日1-6-1-105
TEL 03-6240-0237
FAX 03-6240-0238

お問い合わせはこちらからどうぞ!

Twitter

Facebook

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

代表プロフィール

symphonics

Author:symphonics
代表取締役
佐藤政幸(さとう まさゆき)
1980年生まれ。
2004年に秋田大学を卒業。在学中にNHK秋田放送局をはじめ、多くの映像制作・技術会社のスタッフとして映像制作業務に携わる。
大学卒業後、都内の大手放送技術プロダクションである株式会社東通に入社。撮影、編集業務において数多くの番組製作に携わる。

自身が小学校~大学時代まで、吹奏楽とアマチュアオーケストラでトロンボーンを担当していたこともあり、音楽映像に関しては人一倍のこだわりがある。