私どもシンフォニクスはあらゆる映像コンテンツを生み出すプロダクションです。 このブログは、そんな私どもの日常を綴って参ります。

チビカメ大活躍

2009 - 11/03 [Tue] - 17:12

業務に使うビデオカメラ(テレビカメラ)は大きさで分類すると主に3種類になります。

まず、デカカメ↓
sato_cam2.jpg
箱形の大きな筐体に箱形のレンズがつくもの。Symphonicsでは所有しておりませんが、必要に応じてレンタルなどで対応いたします(ちなみに写真のカメラマンは私です)。

次にハンディカメラ↓
20090703203650.jpg
Symphonicsではこのタイプを最もよく使います。VTRと一体となってカメラ単体で記録できるものはENGカメラと呼んだりします。VTRのついていない単体カメラでもトライアキシャルケーブルやマルチケーブルなどでベースと繋いでスイッチング収録に使ったりします。

最後にチビカメ↓
z1j.jpg
小型のカメラで、肩に担ぐタイプではなく、ハンドヘルド型です。「デジ」と呼ばれることもあります。
(おそらく以前はENGカメラはべーカムなどのアナログが主流で、それに対して小型デジタルビデオカメラであるこのタイプのものをデジと呼んだんだと思います、あくまで推測です)。

土、日、月、と3連続で撮影の現場があったのですが、いずれもチビカメでの撮影でした。
しかもそのうち2件はイベントのビジョン出し。
おそらくこれを読んでおられる同業他社さんは

「えぇ! ビジョン出しにチビカメ!?」

と驚かれるかもしれませんが、実際そうだったのです。
会場が狭いことや、イベント内容的にチビカメで十分だろうという判断でした(コストの問題もありましたが)。

いずれの現場も私がカメラを振ったのですが、ビジョン出しで撮影が難しくなるのは
記録も両立しなければいけない場合です。
ビジョン出しに適切な画と記録で残すために適切な画が違うために
それらを両立させるのは結構難しいのです。
記録に必要な画はスクリーンに生カメラの映像が出ていないときに撮影するなど工夫が必要です。

土曜日の現場は記録もありましたので苦労しましたが、逆に月曜の現場はビジョン出しのみでした。
こうなると一気に画が作りやすくなります。
たとえば大型スクリーンを背に演者さんが並んでいて、スクリーンの下側が演者さんと被っている場合
画面の上半分(演者さんと被っていない部分)だけを使って画を見せたりできるのです。
記録もある時にこのような画づくりをすると、後々
「なんだよこの構図、へったくそなカメラマンだなぁ」と思われてしまうのです。

とりあえず、3日間の現場は無事終了。
以前からつくづく思っているのですが、これからの映像技術プロダクションにおいては
チビカメや家庭用カメラも上手に使いこなせることもスキルのうちなのでしょう。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://symphonics.blog75.fc2.com/tb.php/85-2bf2b6e1

 | HOME | 

ご案内

映像制作プロダクション Symphonicsのメインサイトはこちらからどうぞ。
オーケストラや吹奏楽などの演奏会映像制作は中継映像収録のページ にてご案内しております。

Symphonics(シンフォニクス)
〒112-0003
東京都文京区春日1-6-1-105
TEL 03-6240-0237
FAX 03-6240-0238

お問い合わせはこちらからどうぞ!

Twitter

Facebook

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

代表プロフィール

symphonics

Author:symphonics
代表取締役
佐藤政幸(さとう まさゆき)
1980年生まれ。
2004年に秋田大学を卒業。在学中にNHK秋田放送局をはじめ、多くの映像制作・技術会社のスタッフとして映像制作業務に携わる。
大学卒業後、都内の大手放送技術プロダクションである株式会社東通に入社。撮影、編集業務において数多くの番組製作に携わる。

自身が小学校~大学時代まで、吹奏楽とアマチュアオーケストラでトロンボーンを担当していたこともあり、音楽映像に関しては人一倍のこだわりがある。